8月29日(木)


本日のぬりえ
韓国製おジャ魔女どれみ ぬりえ

東映アニメーション国際部のW君からいただきました(どうもありがとう)。
知らなかったんだけど、おジャ魔女どれみ、韓国でも放送始まってたらしい。で、それに伴う韓国製どれみ商品である。どうなんでしょう?ポロンなんかも売ってるのかな?放送の方はそれなりに好評らしく、続いて「#」の放送も始まるようである。

それにしても、最初のシリーズの画って、今のシリーズに比べるとなんともパチモンくさい(笑)。先日もキャラクターデザインの馬越氏と第1シリーズのポスター見ながら笑ったところ。ははは。

さて。

いろいろ話題の某作品に関する情報ですが、来週発売の週刊少年ジャンプ誌上で告知が出るようです。そのあと、10日発売の各アニメ誌、11日発売のスーパージャンプ誌、と続きます。要ちぇっく!

8月28日(水)


本日のまんじゅう。
ながみね&うまこし 凶行・地獄の富士山頂登頂のおみやげ

僕の母校は都立富士高校である。中野区弥生町にあり、僕の家からなんとまぁ歩いて3分であった(現在は僕の家は引っ越してしまったが。ちなみに弟も同じ富士高校卒である)。当時の学区割では第3学区、都立西高校と一緒に第32群として学力と進学率では第3学区トップの位置にあった(えっへん!)。まぁ、いまではずいぶんランク落っこちちゃったらしいのだが。僕らが在学していたときの校舎はすでに全く見知らぬ建物に生まれ変わっていて、当時の面影はない。それでも母校は母校、それなりに気にはなるものだ。

で、その都立富士高校なんだが、今年6月に東京都が発表した[都立高校改革推進計画・新配置計画案]によれば[中高一貫教育校]に指定されている。う〜む。中高一貫教育校か。これでますます富士高の校風が変わっていっちゃうんだろうなぁ。今の富士高については良くは知らないけど、僕らの在学していた1980年頃の富士高は、とってもリベラルで、ホント「究極超人あ〜る」(ゆうきまさみ著)に登場する春風高校みたいな学校であった。実際、修学旅行のお見送りパフォーマンスなんてホントにやってたものなぁ。現在都立高の国語教師やっている僕の高校時代からの友人は、ゆくゆくは自分の息子を富士高に入学させて、さらには自分も教師生活の晩年は富士高で終えたいと常々言っているのだが、さすがにこの件については困惑している。

僕にとっても、彼女にとっても、富士高で過ごした3年間があってこそ今の自分があるわけで、それが変わっていってしまうことにはとまどいはある。でも、世の中、変わっていかないものなんてないし、それは誰にも止められない。そういうもんである。僕らの思い出は思い出として、僕らはそれを大事にしていればいい。今は今、これからはこれから、と僕は思う。

でも、どうなっていくんでしょうね?

8月27日(火)

ソニー「ベータマックス」生産終了へ 発売27年で幕

asahi.comで報じられたニュースである。ああ、いよいよかぁ。かなりショックである。なんかSONYって、こと家庭用ビデオの分野では負け続けてるなぁ。8ミリビデオもだめだったし。あのVHSのでっかいテープが大嫌いな僕は、8ミリビデオが出たときにはもう驚喜。一気に8ミリビデオへとシフトしていたんだが・・・。泣き。

実はつい先だっても、ウチの弟とベータのテープデッキ購入について話をしていたところだったのだ。というのも、我が家は以前VHSとベータの両方のビデオデッキを所有していて、そのころにテレビから録った番組の、とりわけ海外連ドラのテープライブラリーが結構な量あるのだが、VHSはともかくベータのテープが再生できない。そのベータのライブラリの中には、あの伝説の(笑)「アメリカン・ヒーロー」(原題The Greatest American Hero 主演ウィリアム・カット)全放送話ってのがあるのだ!う〜む。

ということで、我が弟に私信。高くてもやっぱ買っちゃおう!ベータのビデオデッキ。

SONYのサイト内にある[ソニーベータマックスVTRをご愛用のお客様へ]の告知

8月25日(日)


本日の麺 麻布十番納涼まつりのワールドバザールにてラオスのヌードル(ココナッツ風味)

木曜日の朝からまたしても腰痛に苦しめられている。もう今年になってから何度目だ?ちょっと疲れが溜まってくると、とにかくダイレクトに腰に影響が出るようになってしまった。う〜む、歳か(笑)
しかし正直笑えないですね。もう来年は"不惑"の歳だしなぁ。
これまでは、若い頃にある程度体内に蓄えてあった"体力"っていうか"貯金"があったので、結構ムチャやったりしてもなんとかなってきたんだが、それもとうとう"貯金"が尽きてしまったようで、ずるずると"体力的借金生活"に入ってしまったらしい。やっぱり人間、お外で遊ばないとだめッスね。
と言っても、現状なかなかそうも行かないし、何しろ"お外で遊ぶ"って言っても体力と一緒に気持ちも多少萎えちゃってるところもあったりする。 う〜む、いかん!いかんゾ!

まぁとにかく、焦らず地道に少〜しずつ体を動かしていきましょう。もうすぐ秋だし。

8月24日(土)

本日発売開始。Mac OS-X version10.2である。

先月のMacWorldExpo NYで発表があった直後、Apple Storeで"クリック"した。そして発売日の今日、ちゃ〜んと宅配されてきた。うちは昼前11時頃には配達されたが、人によっては夜10時過ぎに配達されてきたらしい。さすがにAppleから「8月24日中になんとしても配達せよ!」と厳命が下ってたんでしょうね。

で、早速インストール。

まずは今入っている10.1.5に上書きインストールしてみたところ、案の定不具合が多発。ATOK14はふらふらするわ、新しくなったアドレスブックは書き込みができないわ、などなど。
で、結局いったん初期化して新規に再インストール。今度はちゃんと成功である。

使ってみた感想。なんか正直、ずいぶんよくなっていてビックリ。これならおすすめできるかな?ってところまで来た感じ。それまではやっぱり、な〜んかどこかしらふらふらもたもたした感の強いOSだったんだけど、ふつうに使っててストレスないところまで速くキビキビと動くようになった。仕事用の環境としては、まだまだOS-9なんだけど、それ以外はこれを機に一気にOS-Xに移行させられそうである。

ところでうちの場合、PowerBookG3とPowerMacG4/933の両方に入れてみたんだが、やっぱりマシンパワーが上回るG4の方が断然動きが良いです。ああ、やっぱG4なのね。

追記:ああ、やっぱりATOKが不安定である。環境設定で辞書の指定をしようとするとフリーズするのだ。はやく10.2に対応してください>ジャストシステム

8月16日(金)

本日のスイカ。
山形・尾花沢産「花笠西瓜」。

午前中、宅急便が届いた。スイカである。奥さんの叔母が送ってくれたのだ。おばさん、ありがとうございます!昨日の朝のとれたてのヤツが翌日には東京に届く。うむ、まことに便利いい時代である。写真撮影(笑)の後、とりあえず「小さい」方を切って食べてみる。おお、これはうまい!二人でキッチンに立ったまま、アッという間に1/4を食す。

が、デカイ!デカイのだ!

見ての通り、小さい方っていっても割と普通のサイズである。ウチは夫婦二人暮らし。到底食べきれる量じゃない。う〜む。どうする?

ということで、急遽ながみね君を召還、3人で「スイカ食べ放題パーティ」である。もう3人デブ覚悟で食べる、食べる!ながみね君大活躍でなんとかスイカ一個をクリアである。ありがとう!ながみね君!

・・・で、残り巨大スイカ1個。さぁ、どうする(笑)?

8月14日(水)

本日のパフェ。
渋谷公園通りのHaagen-Dazsにて。

朝、またしてもPowerBookG3にトラブル発生。
日記の更新のため電源ボタン押したところ、「ぷー、ぷー、ぷー、ぷー」とPeep音が4回鳴っただけで沈黙、起動しないのだ。再起動試みたり、リセットボタンの長押ししてみたけどダメ。考えつく限りの手を尽くしてみたけど、どうにもならないんである。で、こういう時はクイックガレージである。幸い今日は1日オフの予定だったので、奥さんとふたり秋葉原へデートとなったわけである。

あらかじめ電話を入れた上で、さっそく秋葉原へ。巷はお盆休み中だというのに、クイックガレージは持ち込み修理のお客さんでいっぱいである(あ、休みだからお客が多いのかな?)。知らなかったんだが、クイックガレージってデスクトップ機の持ち込み修理もやってるのね。場所柄か会社所有のPMG4やiMacとかを持ち込んでくるスーツ姿のお客もちらほら。

数十分待って僕の番である。「Peep音が4回鳴るっていうのは、CPU周りのトラブルのサインなんです」と担当してくれた方のお話し。CPUモジュール内のメモリが熱か何かで逝ってしまったらしい。さっそく本体を開けてCPUの入れ替え。すると何事もなかったかのように起動した。おおっ、やったやった。コレで復活である。ところが、「これなんですけどね、500のCPUの在庫がウチには今なくって、実は400のCPUなんですよ。」えっ?ひょっとして入荷待ちになり、PowerBook預けることになっちゃうの?いや、それはちょっと・・・。と思っていたところ、渋谷のクイックガレージに電話でCPUパーツの在庫を確認してくれて、なんとか1個だけあったので確保してくれたとのこと。というわけで、秋葉原から渋谷へ移動。なんとクイックガレージのハシゴである(笑)。

渋谷のクイックガレージは埼京線渋谷駅の線路沿いのビルの2階。ここもかなりの混み方で、約1時間待ってようやく僕の番。取り置いていてもらった500のCPUをさっそく装着。おお、見事復活!やれやれである。一緒にここのところ不調気味だったクリックボタンも交換。クリックボタンは本体上面の筐体に組み込まれているので、上面の筐体も一気に交換。結果、前回交換してもらった下部筐体、キーボード、そして上面筐体と、僕のPowerBook、見た目ほぼ真新しく生まれ変わってしまった。

それで今回の費用。Appleの持ち込み対面修理の価格に準じて\52000+消費税なのだが、前回の時に加入しておいた「QG CARE(クイックガレージ・ケア)」(Apple Careとは違って、クイックガレージ独自の保障サービス)の適用で一切支払いナシ!おお、凄いぞ!QG CARE。聞けば7月にスタートしたこのQG CAREの適用の修理の、僕が栄えある第1号だそうである(笑)。

8月11日(日)

8月12日は、ペルセウス座流星群の極大日である。

12日の深夜〜13日の未明にかけて、ペルセウス座の方角から結構な数のかなり明るい流れ星が飛ぶんである。去年の11月の獅子座流星群の大出現ってのは何年に一度のイベントだったが、こっちは毎年の定番。一年で一番ハデな流星群である。空気の澄んだ空の暗い場所だったら1分あたり1〜2個の流れ星は見ることができる。今年は特に月の巡りが良くて、極大の時間帯に月が出ておらず(月明かりがあると明るくて流星が見えないのだ)、なかなかの好条件なのだ。

今から17年前のことである。僕はその年母校の高校の天文部の合宿の手伝いにかり出されて、たしか10日〜14日の間だったかな?、入笠山というところに出かけていた。が、仕事の関係で、どうしても12日の夜は東京にいなければならなくて、一旦帰京し大泉のスタジオにてお仕事であった。いつものようにジャイアンツ戦のナイター中継をラジオで聴きながら色指定やってたら、緊急のニュースが飛び込んできた。そう、日航ジャンボ機の墜落事故である。錯綜する情報をラジオで追っかけながら、朝まで徹夜仕事をしたのを憶えている。で、朝刊を2〜3紙買い込んで、朝一番の特急あずさで入笠山まで飛んで帰ったのであった。

ペルセウス座流星群とセットになっている僕の思い出である。

もうここ何年もこの時期星を見に行っていないのだが、今年も入笠山は天文ファンや高校の天文部の合宿で賑わっているのだろうなぁ。

8月10日(土)

「立秋」を過ぎたら、とたんになんか朝晩が涼しくなった。まぁ日中はまだまだ「残暑」厳しく、盛んに蝉もぐわんぐわんとうるさいくらいだが。(そうそう、近所の平和の森公園では、夜中も蝉がうるさく鳴き声上げてたりする。これは公園の街灯が明るいせいなのか、涼しいからなのか?)

先日導入したDreamweaverのOS-X対応版"MX"なのだが、なんかどうにも使い勝手が悪い。テキスト入力時に打ち込んだ文字なぜか自動的にデカいサイズ&太字になってしまう。いろいろ調べて各種設定とかいぢってみたがダメ。う〜む。現在サポート問い合わせ中。で、結局、今打ち込んでいるのは旧ヴァージョンである。ああ、まだまだOS9.2.2から離れられないんだよなぁ。まぁ、PhotoshopもRETASもまだOS9だし、しょうがないか。仕事環境がどうしてもOS9なので、先だって購入のPowerMacG4/933も起動OSはOS9.2.2である。果たしてアニメ業界的に見て、OS-Xの時代は来るんだろうか(笑)。

ここ数日、kunion's cafe のアクセスカウンターが大回転状態である。「なんでだ?」とか思ってたら、なんとまぁ2chの某スレッドに「日々の地平線」(現在停止措置中)の内容がコピペされていて、さらに別の某スレッドからは直LINKまで貼られていたんである。な〜るほど(笑)。

で、警告

「日々の地平線」読んであれこれ推測したり妄想膨らませたりするのは自由だが、本文の内容そのままをコピー引用したりしないように!わかりましたか?

それと、有明あたりでは某作品の製作開始ネタの出所がウチだとか言われてるみたいですが、そもそもあのスレッドは、僕が「日々の地平線」をアップする前々日にスタートしていたものであり、「ウチのサイトを見て」ということはあり得ないので、念のため(笑)。

8月7日(水)
本日は一日お休みをもらった。「調整のための一日」である。こうして時々平日に休んで、諸々自分の頭の中の整理をするのだ。日曜日とかの普通な休日だと奥さんもいるし、結婚しちゃうとなかなかひとりでボーっと考え事とかって難しいモンなんである。

というわけで、朝から中野駅前のスタバに籠もってあれこれやっている。もちろん「マイ・タンブラー」持参である(笑)。

そうそう、先日ネットであれこれ検索していた時、何気なくTully's CoffeeのWebサイトに行ってみたところ、なんと石神井公園駅の北口に新店舗がオープンしていたのを発見。「おお、でも何故石神井公園駅?」というわけで、昨日ロケハン前にちょこっと行って来た。

このTully's Coffeeっていうのは、スターバックス同様アメリカが本家のコーヒー店のチェーンである。先だってサンフランシスコに行って来た時、チョロッと2、3度入ったのだ。スタバ同様コーヒーはなかなか美味しい。雰囲気もオシャレでグッドである。日本にもチェーン展開してるんだけど、店舗数がまだまだ少ない。中野の近くだと新宿か吉祥寺かな。

石神井公園駅前店は北口の池袋より踏み切り脇のマンションの1階であった。中は結構広めである。スタバと違いTully'sは"禁煙"じゃなくって"分煙"になってる。で、お店の中にガラス張りの「喫煙席」エリアがあるのだ。で、お店自体はオシャレなんだが、客層は全然オシャレじゃなくって笑。いま石神井公園駅北口は再開発事業まっただ中で、入ってくる客は工事関係者ばっかであった。あと、子供連れのファミリー。でもなぁ、思うんだが「喫煙席」に子供連れて入るのっていかがなモンだろう?

さて、僕はといえば当然記念(笑)にタンブラー購入。スタバだとTallサイズのタンブラー買ったら、Tallサイズのドリンクが1杯無料になるんだが、Tully'sではTallのタンブラー買って無料になるのはShortのドリンク。う〜む(笑)。ちなみに右はこの夏のスタバの限定モデルのタンブラーである。見て分かる通り、Tully's のヤツはデカイ!で、しかも微妙に飲みにくいんである。まぁ、ドリンクのお味はなかなか美味しかったです。

8月6日(火)

ガラス工房にて美人の生徒さん

「おジャ魔女どれみドッカ〜ン!」の40話のために大泉学園町のとあるガラス工房へロケハンに行って来た。折しも日本全国的にこの夏一番の暑さ。そんな日にさらに暑い(熱い!)ガラス工房へ取材である。う〜む、ステキだ(笑)。

メンバーは演出の細田氏を筆頭に作監の馬越氏、撮影監督の白鳥氏ら総勢8名。一応「体験教室」を取材させてもらうことになっていて、我らが馬越氏が「生徒」ということでガラス器作りを体験。その馬越氏のやってるところを撮らせてもらった。まぁ、ロケハンの成果の方は完成した本編を見てもらうとして(オンエアは秋です)、ちょっと雰囲気だけQuickTimeムービーにしてみた(要QuickTime5.0)。

QTムービー←QTムービー

それにしてもしっかしまぁ暑い!工房自体は大きなお屋敷の庭に建てられていて一見涼しげなのだが、ひとたび中に入ると、外の暑さとは異質な暑さである。いくつもの炉から発せられる熱で「暑い」というよりか「熱い」んである。いやはや汗だく。脱水症状にならないように出発前にがぶがぶ水を飲んでいったんだが、まったくトイレに行きたくなることもなく、ぜ〜んぶ汗になってしまったようだ。こりゃ痩せるわ。ガラス工房ダイエット。だが、痩せる前に熱中症で倒れちゃいそうだなぁ(笑)。

8月4日(日)
我が家の隣の大家さんちの庭からアブラゼミの声。8月になって、死ぬほど暑い日や熱帯ライクなスコールな日があって、微妙な線で「夏、本番!」って感じ。皆さんいかがお過ごしでしょうか?暑中お見舞い申し上げます。